a story.

出産記録。

e0170048_1211297.jpg


遅くなりましたが、こちらでも改めてご報告。

12月18日、19時35分に、3015gの女の子を無事出産いたしました。

今はわたしもだいぶ回復し、娘も元気に育っております◎


やー、お産って、大変なのは承知の上だったけども、予想以上に大変であるね。

世のお母さん達、すごいと思うよ本当に。



ちょっと、お産の記録。


計画分娩で、陣痛促進剤を使うことになっていたので、8時半に入院して、旦那氏と母についていてもらいつつ、そこから色々処置をして、陣痛をつけ、子宮口が全開になるのを待つ。
(この辺は省くけども。)


18時頃、分娩台で子宮口の開き具合を診察している時に破水。

そのままいこう ということに。


陣痛に合わせて、大きく吸って~、吐いて~×2、大きく吸って~止める!!を繰り返し。


わたしの場合、子が首にも手にもへその緒を巻いちゃってて、なかなか大変でございました。

いきんで下におりてきても、また引っ張られて戻ってしまうのだ。

予め、長引きそうとは言われていたけど、 がっちり絡んでるなぁ という先生の言葉にじわりじわりと迫り来る不安。

何度も帝王切開が頭に過る。

吸引も始まる。

わたしはよくわからないまま、陣痛の波に合わせてただ夢中でいきみ続ける。

一緒に頑張りましょうね と言われ、助産師さんに上からグイグイお腹を押される。

酸素マスクをつけてもらって、いきんだ後は子に酸素を送れるように深呼吸。

いきむのが上手と言われると頑張れる。


そしていきみながら押されながら吸引されながら、何かがズルっと動いた瞬間、 おめでとうございます!と。

え?今の?今の?

そして聞こえた、思ったより小さな産声。

かわいい~と先生。

ざっと拭かれて目の前にきた我が子。

わたしの第一声は、 わぁ~ でした。笑

生まれる前は、感動して泣いちゃうかな~なんて思っていたけど、感動というよりホッとした。


立会いではなかったので、我が子はそのまま外で待つ家族の元へ。

わたしはそのまま後処理されながらボーっとしてたら吐き気と震えが止まらなくなり、そのまま家族に会えずに分娩台で2時間以上横になる。

吐き気止めとか、なんか忘れたけど両腕に筋肉注射打たれたのだけど、出産直後はそんなの全然痛くなかった。

部屋に戻ってからも、38度4分の熱でガタガタ震えていた。

震えがおさまってからも、興奮して眠れなかった。

旦那氏から ありがとう とメールがきていた。


e0170048_13194343.jpg

生まれたてほやほやの我が子。

吸引されてとんがり頭だし、ちょっと大きかったからむくみもすごかったね。

先生曰く、相当頑張って出てきてくれたとのこと。

本当にありがとう。



そんな感じでした。

そして出産て、終わってからも体のあちこちが痛いのだなぁと思い知りました。

でも、それ以上にしあわせですし、こんなの生めたなんてわたしすごくね?と誇らしい気持ちにもなれますネ。



というわけで、今は慣れない子育てにあくせくしておりますが、時間を見つけてちょこちょこ記録していけたらなぁと思います。

うむ。


e0170048_13314833.jpg


             ::母さん沐浴は得意よ ::
[PR]



by sac-story | 2013-01-11 13:44 | family.

まいにちを、たいせつに。
by sac-story
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧